華流 中国ドラマ

【中国ドラマ】『宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋』概要と感想

梦回(Dreaming Back to the Qing Dynasty)
ジャンル:古装、恋愛、ファンタジー
話数:40話
制作年:2018年
放送:2019年12月~ 腾讯视频
原作:金子『梦回大清』
演出:李国立 ほか
日本公式サイト:📺
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

宮廷女官 若曦』制作者が手がけた作品で、現代に生きる歴史好きなヒロインの部屋に、清朝の皇子が姿を現わしたことから始まるタイムスリップ・ラブ史劇。
 
 

キャスト

李兰迪:茗薇(小薇)・・・現代⇒清へタイムスリップ

 
 
王安宇:十三皇子(胤祥)・・・清⇒現代に姿を現わす

 
 
辛云来:十四皇子(胤禵)・・・胤祥のライバル

 
 
孙安可:茗蕙・・・茗薇の異母姉妹

 
 

人物相関図


 
 

感想

2021年5月視聴完

突然現代に姿を現わした清朝の十三皇子小薇のやりとりがコミカルでかわいい😊
十三皇子を演じている王安宇は、独特の髪型も似合っていて、色気のある仕草にキュンキュンしました~💓😍
 
小薇が清時代へタイムスリップしてからは、宮廷での物語となり、皇子が複数名出てきて、たまに混同ー💦(^◇^;)
兄弟でヒロインに恋しちゃったり、女性同士の諍いや権力闘争などが繰り広げられいきました。
 
序盤の頃に比べ、主演2人のときめくシーンが減ってしまい、他の皇子たちのエピソードのほうが興味深い内容に♬
茗蕙の悪女っぷりが強烈⚡(×o×;)だったのと、十四皇子の恋心の変化が見ものでした。
 
 
BS放送を視聴していたら、最終話で十三皇子が書いた手紙の日付と放送日が一致していてビックリしましたΣ ゚ロ゚!!
それぞれのカップルが現代で再会を果たしていて、主演カップルの再会シチュエーションに期待が高まったのだけど・・・十三皇子も十四皇子もなかなか斬新な現代スタイル😂😂
小薇が十三皇子からの手紙を読み終えたシーンが感動的だったので、その後の軽いノリへの切り替えが若干追いつきませんでしたー💦😂
 
 
タイムスリップに関する部分や、陰謀の黒幕への処遇など、不可解な点やツッコミどころが様々あったけれど、清時代の服装やインテリアが目の保養でした♪
時空を超えて一途に愛し合う主演カップルの物語もよかったけれど、異母姉妹の確執物語が壮大でした!
姉妹を演じる李兰迪孙安可の演技力がすばらしかったです✨(*´∀`ノノ゙
 
 

ギャラリー


 

 

 

 

 

 
※Thank you for all pictures.
 

-華流, 中国ドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記