タイドラマ

【タイドラマ】『Happy Birthday』概要と感想

Happy Birthday(วันเกิดของนาย วันตายของฉัน)
ジャンル:ファンタジー、家族、恋愛
話数:50分×13話
放送:2018年10月~ GMM 25
演出:Fon Kanittha Kwanyu
脚本:Pakpoom Nantalit ほか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

亡き姉の幽霊とコミュニケーションがとれるようになった高校生と、姉が親しくしていた人々や家族との交流を描いた物語。
 
 

キャスト

※英語表記のため、名前の読み方(発音)が間違っていたらスミマセン💦😓
 
Pluem Purim Rattanaruangwattana:Tonmai・・・高校生

 
 
Mild Lapassalan Jiravechsoontornkul:Thannam・・・Tonmaiの姉

 
 
Push Puttichai Kasetsin:Tee・・・俳優、Thannamの元恋人

 
 

感想

2021年9月視聴

Tonmaiが生まれた日に、姉のThannamが他界してしまい、Tonmaiは両親から誕生日を祝われたことがないまま育ちます。
17歳の誕生日に、父親から初めてのプレゼントとして、姉の部屋を与えられたTonmaiは、そこに留まっている姉の幽霊がなぜか見えるようになり、姉が懇意にしていた人々と交流したり、亡くなった経緯を知っていくことになる――という『He's Coming To Meとな墓)』と似たような物語。
 
 
TonmaiとThannamを演じている役者が爽やかで、ナチュラルな演技が好ましく、姉弟が仲良くなっていく様子が微笑ましい😊
 
そして、Tee役のPushが、ルックス抜群の超イケメン✨✨(☆∀☆)
この方を観ているだけで、眼福でした~💗(*´ω`*)
 
 
物語が進むにつれ、Thannamの意外な一面や真実が明らかになっていき、サスペンスチックな様相でした。
Tonmaiを通じてThannamが姿を現わすことができ、Teeや家族と交流していくことになるんだけど、各人のThannamへの強い念がいたましい😭
現実世界では難しいけれど、ファンタジードラマなので、Thannamの幽霊と再び会話を交わすことができ、各々のわだかまりが解消され、前向きな変化が訪れていく様が見どころでした。
 
 
Thannamのことを心から大切にしてくれるTaiおじさんが、とってもいい人(;.;)
それに比べて、Thannamのことが辛かったとはいえ、Tonmaiに無関心すぎる父親はいただけなかった(×_×;)
 
さらに、勝手に去ってしまって、Thannamが他界したことすら知らず、十数年ぶりに突然Thannamを迎えに来た母親にビックリ⚡😲
今更、どういうこと!??(°°;)ってなったけど、Thannamが部屋に留まっていた理由と関係していることがわかり、Thannamを失いたくないTonmaiの行動がせつなかった😢
最後に、Thannamが母親と誕生日を祝うシーンは、涙、涙でしたー😭
 
 
内容的に、シリアスで泣ける場面が多く、Tonmaiの同級生 Noinhaの母親が、明るいノリで息抜きさせてくれました♪
前半、『SOTUS』の主演2人が、有名人役で登場して、嬉しビックリでした✨😄
 
 
あまりにも親子の仲がうまく修復されすぎな気はしたけど💦、Tonmaiの誕生日会がようやく開催されて、メデタシでした~🎉ヽ(*´▽`*)ノ
 
 
 

 
※Thank you for all pictures.
 

-タイドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記