タイドラマ

【タイドラマ】『Project S: Side by Side』概要と感想

โปรเจกต์ เอส เดอะซีรีส์: พี่น้องลูกขนไก่(Project S: Side by Side)
ジャンル:スポーツ、家族
話数:45分×8話
放送:2017年7月~ GMM 25
演出:Boss Naruebet Kuno
脚本:Boss Naruebet Kuno ほか
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

スポーツをテーマにしたドラマシリーズの1作品。
子供の頃からバドミントンに打ち込んできた2人の青年と、母親たちの物語。
 
 

キャスト

※英語表記のため、名前の読み方(発音)が間違っていたらスミマセン💦😓
 
Tor Thanapob Leeluttanakajorn:Sakkaya Piriroj "Gym"

 
 
Sky Wongravee Nateetorn:Dong

 
 

感想

2021年9月視聴

ITSAY』演出家が手がけたTor主演作ということで、観たかった作品✨
自閉症の青年 Gymを演じるTorの演技がすばらしすぎて、それだけでも充分に観る価値がありました~✨(*´∀`ノノ゙
 
 
物語は、幼いGymとDongが、Dongの母親からバドミントンを教わるところから始まります。
GymとDongの母子が共に暮らし、2人がダブルスの選手として成長していくけれど、自閉症をもつGymが度々トラブルを起こし、2人の母親がGymにかかりきりになるせいで、Dongの不満が溜まっていきます。
 
 
Torや子役の優れた演技力により、Gymに目がいってしまうんだけど、Dongの心情がとてもせつない(´;ω;`)
子供の頃から、母親がGymばかり優先するせいで、すっかりやさぐれてしまってるのに、不満を誰にもぶちまけることができず、Gymの面倒をみなければならない(;.;)
2組の母子の関係性を疑問に思っていたら、途中で母親同士の因縁が明らかになり、ますますDongがかわいそうになってしまいましたー(ToT)
 
Dongがダブルスをやめてシングルスを選択し、母親やGymのもとを去ってからは、Gymが自立していく過程が見どころでした。
Gymの成長とともに、2人の母親が子供たちとの関係に葛藤する姿、Dongの揺れ動く心の機微など、毎回涙なしには観られない😢
大きな瞳が印象的なNoiが、GymとDongをうまくサポートしており、DongよりもGymといる場面に和みました😊
 
 
最後は、まさかのGymとDongの一騎打ち⚡Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ
二者択一でハラハラさせるエンディングは、もはやBoss演出家の十八番!?(^◇^;)
意外な決着の行方でしたが(°°;)、GymとDongの抱擁に安堵しました~✨
 
 
 

 

 
※Thank you for all pictures.
 

-タイドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記