華流 中国ドラマ

【中国ドラマ】『一生一世(Forever and Ever)』概要と感想

一生一世(Forever and Ever)
ジャンル:恋愛
話数:45分×30話
制作年:2020年
放送:2021年9月~ 爱奇艺
原作:墨宝非宝『一生一世美人骨』
演出:沈阳 ほか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

墨宝非宝の小説『一生一世美人骨』の現代編をドラマ化した作品。
同小説の古代編をドラマ化した作品は、『周生如故』。
主演の白鹿任嘉伦以外のキャスト、演出家は異なっています。
 
それぞれに別作品としても愉しめますが、両作品を視聴予定の方は、
『周生如故』⇒『一生一世』の順に視聴することをオススメします♪
 


 

キャスト

白鹿:时宜・・・声優

 
 
任嘉伦:周生辰・・・化学教授

 
 
此沙:梅行・・・弁護士

 
 
骆明劼:周文川・・・周生辰の義兄弟

 
 
王瑞欣:周文幸・・・周生辰の義兄妹

 
 

感想

2021年10月視聴完

任嘉伦白鹿が主役を演じる古装・現代劇二部作の現代編。
 
古代編とは対照的に、出会った瞬間に惹かれ合い、結婚を前提に交際を始め・・・と、とてもスムーズに結ばれる主演カップル💞
时宜周生辰の揺るぎない愛情関係と、周生辰の複雑極まりない一族のゴタゴタを描いた物語で、主演カップルの甘い恋愛シーンが見どころでした💗😊
 
序盤から、古代編『周生如故』のラストシーンが劇中に出てくるため、両作品を視聴予定の方は、『周生如故』から視聴することをオススメします♪
 
 
 
 
※ここからざっくりネタバレしますので、ご注意ください!!
 
古代編とはうってかわって、糖分多めの現代編。
恋愛に奥手な周生辰が、恥じらいながら!? 时宜と親しくなっていく様子が愛らしく、古装姿同様に、白鹿がとても美人でした~🌸
あまりに2人の関係が安定しているため、若干単調に感じられ、古代編の苦難を乗り越える状況がスパイスに欲しくなったほど💦(^◇^;)
時折さし込まれる古代編の映像やエピソードに加え、数字にちなんだ愛情表現も見られましたが、数字にこだわって、結婚を強行突破した周生辰にはビックリしましたーΣ ゚ロ゚!!
 
ラブラブといえど、まともな!?キスシーンは、1回きり(^_^;)
ラストシーンは、、、ズッコケそうになった💦😂
思わせぶり演出の多用は無用だな💧と思ったけど、これまで視聴した任嘉伦作品の中では、甘々でオトナな恋愛場面が多く、一途に女性を愛する役どころがカッコよかったです✨
 
 
主演カップルの恋愛物語以外は、周生辰一族の複雑な人間模様が展開していき、キャスト含めてあまり興味がわかず💧💧
20話以降、周生辰の義兄弟たちが波乱の様相を見せ、古代編のエンディングを彷彿とさせる場面に仰天⚡Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)
忠告されてたとはいえ、周生辰に嫁いだ时宜の身上がいたたまれない状況が多すぎましたー(@@;)
 
 
ビジュアル映えする梅行
名前に同一文字があり、时宜に一目惚れするけれど、片想いに終わってしまう😢ところから、古代編の刘子行にあたる人物とされています。
幸华公主にあたるとされる周文幸から想いを寄せられるけれど、こちらも悲しい結末に(;.;)
梅行は、周生辰に友好的だったので、どんどん黒化してしまった周文川のほうが、刘子行に似ている気がしました。
 
周文川と結婚していた佟佳人が厄介だったけど、最後は存在感がなさすぎて、逆に驚きました(°°;)
 
时宜の友人 宏晓誉は、古代編と名前も同じ。
演じている女優は、他ドラマの役のほうが、インパクトがありました。
 
时宜の母役は、『亲爱的,热爱的』のヒロイン母親を演じていた方。
髪型のせいか?、妙に記憶に残る方です(^^;)
 
 
前半は、主演カップルの穏やかな恋愛関係に和んだけれど、終盤に向かうにつれ、暗雲が立ち込めていきました💧
風情漂う古代編のほうが余韻が深かったけれど、主演2人の名前、音楽、『上林賦』など、古代編・現代編の共通項に興味を引かれながら、时宜&周生辰の愛の成就を見届けることができて、満足でした~💐😊
 
 

ギャラリー


 

 

 
※Thank you for all pictures.
 

-華流, 中国ドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記