華流 台湾ドラマ

【台湾ドラマ】『追撃者 ~逆局~』概要と感想

逆局(Danger Zone)
ジャンル:サスペンス
話数:45分×24話+SP
制作年:2020年
放送:2021年9月~ 爱奇艺國際版、緯來電影台 ほか
原作:千羽之城『追凶者』
演出:莊絢維 ほか
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

12話×2部(+SP)で構成された、架空の都市を舞台にしたサスペンスドラマ。
 
 

キャスト

周渝民:梁炎東・・・囚人、弁護士

 
 
李铭顺:譚崇輝・・・刑事

 
 
朱軒洋:任非・・・刑事

 
 

人物相関図


 
 

 
 

感想

2021年11月視聴完

一気にまとめて視聴しようと待っていたけれど、1部が終わった時点で待ちきれずに視聴開始~💦
かなりハードな内容ながら😱、手に汗握るスリリングな展開や、臨場感やスピード感あふれるアクションシーンに引き込まれ、あっという間に視聴完了💨
2部は、毎週更新を待ちながらの視聴となりました~♪
 
事件内容や映像的に、視聴者を選ぶ作品かもしれませんが、脚本や演出が優れた本格派サスペンスで、見応えがありました~✨(*´ω`ノノ゙
 
 
 
 
※ここからネタバレしますので、ご注意ください!!
 
1部は、梁炎東が冤罪で服役している状況で、物語が進んでいきます。
過去に梁炎東と接点があった新米刑事の任非は、ある連続事件を追ううちに、梁炎東の助けを借りることになり、交換条件で、梁炎東が無実を証明して出所できるように協力することになります。
 
収監中の梁炎東の日常や、任非が追う事件の内容が、とってもヘビー💦😱
ホラー度高めで、昼間じゃないと視聴する気がわかなかったほど(^^;)
頭脳明晰で冷静な梁炎東の推理力やサバイバル能力、若くて熱血漢の任非が懸命に事件を追う姿、2人の過去の接点や、周囲の人々の動きなど、気になる見どころが満載で、どんどん視聴が進んでいきました~♫
 
1部が終わる頃には、細々とした事件が片付き、晴れて無罪確定となった梁炎東。
喜びをかみしめる表情を観た瞬間に、これはもしや!?(´・ω・`;)と一抹の不安がよぎり・・・、韓国サスペンスドラマにありがちな衝撃⚡😱で、1部が終了しましたー(@@;)
 
 
主人公は不死身wとはいえ、よくぞ助かったな(°°;)という状況から、2部がスタート。
任非の上司として、新たに楊羽璐がチームに配属されます。
 
2部は、1部に突き止めた真相を深掘りしていく流れで、1部以上にハラハラさせられる💦😱
主役以外の捜査官たちも、案外不死身wだったため、終盤、譚崇輝が撃たれた時も、余裕で観ていたら・・・
え゛ぇぇーーーーーーっっっ!!!
ウソでしょ!??Σ(ll゚∀゚(ll゚д゚ll)゚Α゚ll)
チームメンバーと仲違いしたままだなんて、悲しすぎる(ToT)(ToT)
予想外の場面に、しばし呆然となりましたー(´;ω;`)(´;ω;`)
 
さらに驚いたことに、譚崇輝を狙撃した犯人を演じていたのは、譚崇輝役の李铭顺氏の実弟!!Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ
いやはや、まさしく今作最大のハイライトシーン!!(☆ω☆)
思いがけない兄弟対決に、見事にやられましたー(×o×;)
 
※上段右の写真のほうが、下段の写真よりもお顔が似てるかも!?

 
 
1部は、先の読めないストーリーに夢中になったけど、2部は、警察組織内部の敵の匂わせが過ぎてw、早々に読めてしまいました💦😂
さらなる黒幕が誰なのかと期待が高まったけれど、、、さほど驚くような展開もなく、意外と無難に終わった点が、いささか残念でした💧
 
 
楊分局長を演じていた劉亮佐氏。
とっっても久しぶりにお顔を拝見し、懐かしくなりました~✨(*´∀`*)
いつの間にか、管理職を演じるほどの立場になられたとは、勝手ながら感慨深くなりましたw
 
周渝民をはじめ、任非張榕容、チームメンバーの面々など、役にふさわしい顔ぶれがそろっており、隊長役の李铭顺氏が、チームだけでなく、ドラマ全体に安定感を与えてくれていました(o´∪`o)
 
 
最後は、新たな始まりを迎えたチームメンバーたちの笑顔で終幕✨
一貫性のある骨太な脚本、巧みな演出や演技力が見事で、久々に満足度の高いサスペンスドラマでした~ヽ(o´∀`o)ノ
 
 

 
※Thank you for all pictures.

-華流, 台湾ドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記