華流 中国ドラマ

【中国ドラマ】『良言写意(Lie to Love)』概要と感想

良言写意(Lie to Love)
ジャンル:恋愛、サスペンス
話数:45分×32話
制作年:2020年
放送:2021年11月~ 腾讯视频、爱奇艺
原作者:木浮生
演出:陈畅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

親の仇討ちを目論む男女が育むラブストーリー。
 
 

キャスト

程潇:苏写意

 
 
罗云熙:厉择良

 
 
季肖冰:谢明皓

 
 
田依桐:施楚楚

 
 

人物相関図


 
 
◆仕事・恋愛チャート◆

 

 
 

感想

2021年12月視聴完

※最後に結末に触れていますので、ご注意ください!
 
親の復讐のために、厉择良に近づいた苏写意
早々に厉择良への誤解が解け、2人の仇が同一人物だと判明して、手を組むことに。
2人は以前、山での出会いを通じて互いに好意を抱いており、復讐計画と併せて恋愛関係も進展していきます♪
 
 
最初は、『小风暴之时间的玫瑰』の男女逆パターンかと思ったけど、仇だと思い込んでいた人物が味方だとわかって、すんなり恋愛関係に発展していくあたり、まるで異なる物語でした。
 
山で主役2人が出会う場面のCGや出来事、苏写意の行動等、何もかもツッコまずにいられない内容だったけど💦💦、罗云熙が、とっってもカッコイイ✨😍
クールな程潇と並ぶと、画面が華やぎました~🌸😍
 
 
序盤は、苏写意に恋している厉择良が、愛らしい表情や仕草をたくさん見せてくれ、キュンキュンときめいたのだけど💓😍、体調やビジネス面での不安要素が深刻さを帯びるにつれ、厉择良の浮かない表情が増えていき、明るい笑顔が恋しくなりました~(。・ω・。)
 
 
谢明皓役の季肖冰
この方が出てくると、何か裏があるような気がしてしまうのは、なぜなんだろう・・・?😂
最初は苏写意を支える好人物に見えていたけど、やはり!?裏の顔を見せ始め、厉择良の叔父と入れ替わって本領発揮⚡
苏写意の姉の恋人にも関わらず、苏写意への恋心がこじれすぎてて😰、観るほどにホラー度が高まっていきましたー💦😱
 
厉择良に恋する施楚楚もしつこく、苏写意への陰険な態度にげんなりしたけど😓、最終的には友好関係が築かれる "ドラマあるある" でしたw
 
最初から最後まで、何かと高所が重要場面となっていて、最後も「あ゛ぁぁーーー😱😱😱」と驚いたけど、用意周到さに救われました💨
 
 
 
今作の原作者である木浮生氏の小説を基にしたドラマが、今年は3作公開されました。
どの作品も、「主役男女のどちらかが体の一部に不調を抱えていて、家庭環境が複雑」という設定で、どこか陰のある物語でした。
3作品とも若手アイドルが起用されており、ビジュアルやOSTの満足度が高かったです✨
今作はサスペンス色が濃かったけれど、どれもハッピーエンディングの恋愛物語なので、興味のある方は、他の作品と観比べてみるのも愉しいかもしれません😊
 
 

ギャラリー


 

 

 

 

 

 
※Thank you for all pictures.
 

-華流, 中国ドラマ

© 2022 アジアエンタメ♡ワクワク記