華流 中国ドラマ

【中国ドラマ】『回廊亭(The Murder in Kairoutei)』概要と感想

回廊亭(The Murder in Kairoutei)
ジャンル:サスペンス、恋愛
話数:45分×12話
制作年:2020年
放送:2022年6月~ 优酷视频
原作:東野圭吾『回廊亭殺人事件』
演出:李雅弢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

回廊亭で発生した事件解明と主役男女の恋愛物語。
 
 

キャスト

邓家佳:姜远星

 
 
张新成:程成

 
 

人物相関図


 
 

感想

2022年7月視聴完

東野圭吾氏原作に基づくサスペンスドラマということで、主演キャスト含めて期待していた作品✨
 
話数が少ないサスペンスドラマなので、最終話配信直前に一気に視聴予定でいたところ、「視聴者から酷評の嵐」との記事を目にしてしまい、俄然ドラマ内容が気になったのでしたー(。≧∀≦。)
 
 
 
※ここから内容に触れますので、ご注意ください!
 
時は、回廊亭で事件が発生する10ヶ月前――。
鸿业グループの財務担当者 姜远星は、グループ董事长の高广义から、極秘裏に私生児を探すように依頼を受けます。
調査の結果、車体塗装工の程成に目星をつけた姜远星は、DNA検査に協力してくれるよう説得することになり・・・!??
 
 
原作を読んでいないため、事前情報なく視聴できたのですが、前半は、高广义一族の利害が絡んだ人間関係、姜远星と程成の恋愛物語がメインで、冒頭の映像ぐらいしかサスペンス要素が見当たらず(°°;)
音声ガイドかと思うような解説ナレーションw、スローテンポな展開に視聴意欲が低下し、東野氏原作ドラマでなければ、早々にリタイアしていたかも💦(^^;)
改めて記事を読んでみたら、視聴者の方々の指摘が的を得ていて、笑ってしまいましたー😂
 
 
後半、姜远星が程成の出自を疑いだしたあたりから、ようやくサスペンスらしき展開になり、先が気になったのだけど、、、事件場面が唐突すぎてビックリ😂
 
終盤のサスペンス部分は、詰めすぎ込みなほどに慌ただしい展開💦
犯人の予測がつく内容ではあったけれど、恋愛要素抜きにしてサスペンスだけでも十分おもしろくなりそうなプロットだったように思え、ペース配分のわるい脚本が残念でした💧
 
さらに、ドラマなのに、映像で見せるのではなく、主要部分をナレーションで説明する演出が、あまりにもお粗末😓
やたらナレーションが多用されるため、視聴コンテンツの音声不具合かと疑って、調べてしまったほどでした😂
 
 
主役男女の恋愛感情の起伏、ラブシーン、エンディング等、恋愛場面に重点が置かれた作風だったので、いっそサスペンス要素をなくして、姜远星と程成の恋愛ドラマにしたほうが、良き作品になったのではないかと思いました。
 

 
 

日本版ドラマ『回廊亭殺人事件』を視聴して・・・

※ネタバレ含みますので、ご注意ください!!
 
サスペンスなのに恋愛要素が濃すぎた展開が気になり、同じ東野氏原作小説に基づいて、約10年前に常盤貴子主演で制作された日本版ドラマ『回廊亭殺人事件』を観てみました~♪
 
約90分の単作で、恋愛場面は必要最小限に留められ、これぞ期待していたサスペンスドラマ!という作風(☆ω☆)
 
日本版ドラマ視聴後に、原作のあらすじを読んだところ(順序が真逆wwなうえに、原作読む手間端折ってスミマセン💦)、回廊亭で発生した事件に巻き込まれて恋人を失った資産家の秘書が、整形して別人に成りすまし、事件の犯人を暴いて復讐を遂げるというサスペンス物語で、詳細設定が変更されているものの、日本版ドラマは原作にほぼ忠実に制作されているようでした。
 
 
それに対して、中国版はというと・・・
主役男女の役割が、まるで異なってるww😂
2人が回廊亭で事件に巻き込まれるところは同じだけど、そこが発端ではなく、そこに至るまでの恋愛関係がメインになっていて、ヒロインは整形も復讐もしないし、男性主人公も事件の犯人ではなく、ひたすら恋愛に徹してる💦😂
 
日本版では、男性主人公が打算的な目的でヒロインに近づくけれど、中国版は、ヒロインが積極的に男性主人公の懐に入り込もうとするw
男性主人公の出自疑惑に関しては、最終的に男性主人公がグループ董事长の私生児だったという結論ww
そして、主役男女の恋愛物語はハッピーエンディングを迎えます💞
 
事件の犯人はというと、グループ董事长の愛人だった女性と、その息子。
男性主人公に代わる新たな犯人を登場させ、親子愛に焦点を当てたサスペンスとなっていました。
 
 
――というわけで、原作に忠実なドラマを想定していたであろう中国版視聴者から批評が噴出したのも納得(^◇^;)
原作の人物相関図になぞらえた舞台にはなっているけど、原作を改編というより、主役男女の設定からして、別作品の様相。
あえて狙ったのかもしれないけど、堂々としたタイトルが・・・罪深いorz
 
原作内容を知らずに中国版ドラマを観た感想としては、主役男女の恋愛・愛人親子のサスペンス、それぞれに見どころのある物語で、前半・後半という二部構成的ではなく、双方をバランスよく融合させたドラマだったら、よりハマれた気がしました♪
 
 
中国では、さらに映画版の公開も控えているそうw
原作は、作者の叙述トリックが最大のオチとなっているようで、映画版がその部分を表現してくれるくらいの粋な演出を観せてくれれば、今回のドラマに落胆した視聴者が浮上できるかもしれないな・・・と思ったのでしたw(*´罒`*)
 
 
※Thank you for all pictures.
 
 

-華流, 中国ドラマ
-,

© 2022 アジアエンタメ♡ワクワク記