華流 中国ドラマ

【中国ドラマ】『鬼吹灯(きすいとう)~魔宮に眠る神々の秘宝~』概要と感想

龙岭迷窟(Candle in the Tomb: The Lost Caverns)
ジャンル:冒険、ファンタジー
話数:約30分×18話
制作年:2019年
放送:2020年4月~ 腾讯视频
原作:天下霸唱『鬼吹灯之龙岭迷窟』
演出:费振翔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

小説『鬼吹灯』シリーズをドラマ化した作品。
 


 

 
 

キャスト

潘粤明:胡八一・・・骨董品業者

 
 
姜超:王胖子・・・胡八一の友人

 
 
张雨绮:Shirley杨・・・中国系アメリカ人の写真家

 
 

人物相関図


 

 
 

感想

2021年1月視聴

レビューサイトで、2020年高評価ドラマ作品上位ランキングに入った作品✨
シリーズものなので、最初の作品から観ようか迷ったけれど、約30分×18話と短いので、試しにこの作品を観てみることに♪
 
映画『インディ・ジョーンズ』のような冒険物語という知識程度で、登場人物や構成も初めて✨
前半は、骨董品を取り扱う胡八一が、王胖子大金牙とともに宝探しの旅に出る流れが描かれ、ほのぼのした"オッサン3人のロードムービーw"的な絵柄に、キリッとした美人のShirley杨が加わり、なかなかおもしろい構図でした(*´罒`*)
 
途中3話ほど、Shirley杨の外祖父 鹧鸪哨の物語として、高伟光がメインの物語があり、唐突感があったけれど、後に観た『怒晴湘西』の続編ということが判明。
シリーズ順に観ている方には、盛り上がる内容だった気がしました♬
 
後半は、洞窟内でのお宝探索の様子が描かれるのだけど、ここがめちゃくちゃおもしろい!!ヽ(≧∀≦)ノ
洞窟の至るところに、風水を基にした仕掛けが張り巡らされており、風水に詳しい胡八一が謎解きをして、内部へと進んでいく。
巨大なクモ等、ニガテな生物CGに怯んだけれど、サスペンス好きにはたまらない仕掛けの数々が興味深く、手に汗握るハラハラシーン等、冒険物語にふさわしい内容がもりだくさんでした♫
 
最後には、続編のお知らせも✨
主演陣のキャスティングが良く、盗掘シーンも見応えがあったので、期待がかかります♪(*´∀`*)
 
 

ギャラリー


 

 

 

 
※Thank you for all pictures.
 

-華流, 中国ドラマ

© 2021 アジアエンタメ♡ワクワク記